ママの遺伝子 << REVIEW << HOME




TBS系TVドラマ

ママの遺伝子

◆TBS系金曜夜10時放映中・2001/10/11〜◆
公式ページ http://www.tbs.co.jp/mama-dna/

No.4 鬼姑の目にも涙

本気で出て行こうと家探しをし始めた私。でも、子供達も引越しはイヤだって言うし、気配を察知したお義母さんがプレゼントまでくださって。 だけど、それが私の苦手な糠だったから困っちゃう。捨てるわけにもいかないし…。
それにしても、引っ越せないならちょっとでも快適に暮らしたい。そう思ってリフォームを提案したら、お義母さんからなんと了解をもらえたの。やっぱり気を使ってくれているのかな?
でも、工事を始めたのも束の間、お義母さんから突然中止命令が。いただいた糠をダメにしてしまったかららしいけど、そんな事で中止だなんて横暴すぎ!今度こそ、出ていかせていただきます!…ってタンカをきっちゃった。だけどお義母さんが何も言い返してこない…。

結局、このコーナーは我慢ができない時に書く為にあるようだ(^^;)。
さて。いきなりですが第四話です。一話目は見ていたのですが、スカパーの裏番組が外せないので見ないようにしていました。 というより、見てると頭の血管がブチブチと切れるような気がして(^^;)。嫁姑の話ってどうしてこうなのーーっみたいな。 その割には「渡る世間〜」の方は最近むかつかないなあ。まあ、あそこまで行くとリアリティがないからか(^^;)?
 で、やっぱりブチブチ来るんです。なんで遠慮するの?なんで素直に言えないの?もしかして…普通の嫁姑ってこんなもんなのー???
私自身はお姑さんには恵まれてはいるけど、いくらなんでもこんな無茶な人はいないような気がするんだけどなあ。 いや、受験に必死になるのはまだ判るんだ。自分の母親も、母方の従姉も、まあ私もその感覚は多少あるので(^^;)。 しかしね、言うに事欠いて「出来が悪いのは貴女の遺伝子」っつうのはないでしょ(- -;)。無神経にもほどがある。 それでいて変に気を使って本音を言えない。なんで?どーしてなの???
 だってね、糠床を扱ってないことでキれて、業者さん返しちゃうんですよ。業者さん、お仕事で来てるのよ。遊びじゃないんだよ。 一旦頼んだものを、それも依頼した人間に断りもなく。おまけに息子の会社に発注してるんだよ。 息子の会社も、息子の顔も潰してることになるんだよ。そりゃー社会の中の関係は業者よりメーカーが、メーカーよりお客さんが強いかもしれないよ。 でも人として、社会人としてどうよ。それに信用はどうなるのよ。結局ツケはこっちにまわるんだってどーして判らないんだよーーー。
って、ドラマの中の出来事に文句言っても仕方がないんですが(^^;)実際、こーゆー、お姑さんみたいに体裁を気にする人に限って、 こーゆーことやっちゃいますからね。ホント。(私にも多少その気がある(^^;))
気に入らない事が起こったら、直接言えばいいのにー。相手も自分と同じ感覚をしてると思っているのかー?そりゃ誰でも最初はそう思って失敗するけど… この人一度失敗してるんじゃないのよー。くうううう。
 凄いのは、このお姑さん、自分が悪いとは絶対に思ってないこと。拙いことをした、言い過ぎた、という顔はするけれど、 その考え方が間違ってるとは全く思っていないのだ。こりゃ凄いよね。
でもそれを視聴者に感じさせることの出来る演出や役者ってのは、やっぱ凄いと思う。さすがであります。 最後にやっぱそれでも憎めない、というキャラを作っていて、それは確かに成功してはいるんだよなあ。 なんか凄そうな事を言っているけど、結局世間知らずで、半端な知識を半端な言葉で使ってる、みたいなね。
#…生憎私はこういうタイプの人がどうしても好きになれないのですが(苦笑)。
 話は変わりますが今回のネタ。リフォームブームの昨今に相応しく「キッチンのリフォーム」。 このお話の主人公の旦那さま、上川くん演じる藤木渡氏が努めているのは住宅メーカー。さすがにゼータクなキッチンですなあ。 下の階も思いっきり高そうなシステムキッチンだったけど、リフォームして出来上がったのも、見事なアイランドキッチン。当然のようにIHクッキングヒーター。 ええよなあ。二世帯住宅なのにどうしてあんなに広いんだ(ΘΘ)。普通の住宅(それも都内)なら、どう考えたってマンションの方が広そうなもんだが… それともマンションもそんなに高いのか?(^^;)まあ親と同居なら家賃はいらないだろうけど…。羨ましいもんだ…。


掲示板 || HOME >> REVIEW >> ママの遺伝子