キカイダー01 THE ANIMATION << REVIEW << HOME




オリジナル・ビデオアニメーションシリーズ

「キカイダー01 THE ANIMATION」

◆SKY PerfectTV・キッズステーション276chにて放映。2002/10/07〜2002/10/09・全四話◆
公式ページ http://www.sonymusic.co.jp/Animation/Kikaider/

VOL.4(最終話)

恐るべき最終兵器“アーマゲドンゴッド”。その最後の鍵となる存在、アキラを手に入れてしまったギルハカイダー。ダーク復活を高らかに謳い上げるとともに、アーマゲドンゴッドの巨大な機体が起動する。対するは光明寺博士の創造した兄弟たち。ジロー(キカイダー)、イチロー(キカイダー01)、零(キカイダー00)、そして新たに合流したミエ子(ビジンダー)。この世界を、そしてアキラを彼らは守ることが出来るのか?

やっと判った。原作の知識があったのが悪かったんだ。敵は「ギル一味」だけだったのね(^^;)。
シャドウとやらもギルの手下だったんだ。なーんだ、あははははは(^^;)。
でもまあ、そっちの方が判りやすくていいかもしれない。原作のいろんな矛盾も解消されてるし。
 放映の関係で、VOL.3と続けてみたんですが、前回に比べて作画は段違い。紺野さんの絵に戻ってよかった(^^;)。後半かなり荒れたけど、まあなんとかOKということで。
 さて。なんというか、01って人影の見えないお話ですね。あれだけ都市が壊されているのに、 その臨場感がない。人の息がしない。「キカイダー」は町中での話があったせいか、そんなことは無かったんだけどなあ。 主要人物がみーんなロボットだからか?違うよね。そういう問題じゃないんだよなあ。ううむ。
 で、イチローとレイが服従回路でお人形になっております。これ、原作では、いつもみんなのくだけた感じで、 それなのにギルを「総統!」なんて呼んでて、それが凄く怖かったのだけど、お人形だとイマイチ。 いや、お人形は好きなんだが…。(あ、なんか嫌だ。原作信者になっちゃってるぞ。)でも、お人形だと、 裏切っても騙してもあまり罪悪感が無いんだよな。あの、ジローが罪の意識にさいなまれながらも…ってシチュエーションが よかったのに。イチローが死んでるのになんか哀しくないよう〜。
 というわけで人間になってしまったジロー。ホントに良いシーンはいいよなあ。ギルを殺してしまうシーンとか、 すごくいいのになあ。
 結局、01のテーマってなんだったんだろうか。主人公は誰だったんだろうか。(リエ子さんか?(^^;)) 何を言いたかったんだろうか。…いまひとつアタマの中がまとまらないのだ。ジローのあの名台詞もあるし、 「キカイダー」のテーマをそのまま継承した、というには、あまりに大雑把な感じがする。
 これは原作を読まずに見た方がよさそう。「キカイダー」見た後で、やもたてもたまらなくなって、文庫を購入してしまったせいで、 いちいち原作と比べてしまう。別物として割り切るのはアニメを見る上での鉄則なのに。
ああでも、考えてみたら、原作を全く知らないでみたら判らないかもしれない。服従回路とかわけ判らないだろうし。 (事実、一緒に見ていた旦那は「判らん」とのたもうていた…)ギルの目標がまた良く判らない。アーマゲドン・ゴッドを 使って世界征服をするつもりだったのか?彼はアキラを本当はどう思っていたのか?等々…。
原作も、特撮とのメディアミックス、当時の少年誌の括りなんかの関係もあって、どこからどこまでも素晴らしいという出来ではなかったんだけど、 アニメの方もかなり問題が残りました(^^;)。これで「キカイダー」がなければ、009の事もあるし、 結構悪くない出来、と言えたのですが…。OAVだしまだ出来る筈だったんでは?などと思ってしまいます。欲張りすぎなのかな。
…なんか文句垂れになってしまいました。最初のお題だったのに。くっすん。ま、でも、元々突っ込む為のコーナーなんだからいいとします(^^;)。


VOL.3

最終兵器始動の鍵となるアキラを奪うため、ザダム率いるシャドウのロボット軍団がジロー達に襲いかかる!そんなピンチに現れたのが風天和尚と新たな人造人間・零=キカイダー00だった。戦闘能力に特化した零の攻撃力にジローとイチローは驚愕する。シャドウから身を隠し、リエ子の提案で山奥のダムに向かうジロー達。しかし、そこにはギルハカイダーの罠が待ち受けていた。ギルにより明かされるリエ子の秘密とは…。

絵が〜〜〜〜〜っ(T.T)絵が絵がっ。
動いてはいるけどUPだとかなり苦しい。どうかすると良い表情になるんだけど。
うっ…だんだん構図まであやしくなってきた。これOVAなんだよね。毎週やってるTVアニメじゃないんだよね?
なのにどーしてこうなんだよ〜。非道いよ〜。あんまりだよ〜。そりゃー某作品よりマシだけどさ、 01の良いところって動くところだったじゃないですかー。それがこれじゃー泣くしかないよう〜。
 話としてシーンはいいのだわ。でも話が見えないんだ。ハカイダーとシャドウは手を組んだの? どうやってシャドウを手中にしたの?ビジンダーの立場はどーなってんの????
リエ子さんなんて、自爆して守る設定がなくなってたのは残念だったけど、シーンとしては悪くはないんだよな。 ロボット=人形ってイメージで哀しくて。でもねえ、ジローxリエ子ってゆーカップリングが成立してるのが、 というかそれをあからさまに言われるのが嫌なんだよう。ほのかに思い合っていて、でもそれは虚しくて、でも純粋で。 つーのが良かったのにい。ううっ、脚本恨むぞう(もう既に恨み百倍だけどさ…)
 しかし、あと一話で終わる筈なのに(毎度こればっかだな)零まで出してどーするんだーーっ。
 と、文句ばかり書いたけど、零を作成したのが和尚さまなのは私的にOK。いくらナイーブなジローでも、 「寂しいから」作ったってのはあんまりだと思うので。しかし、CVが和彦さんとは(^^;)。お懐かしい…。


VOL.2

“最終兵器”の鍵を握る少年アキラをを狙い、襲い来る謎の刺客たち。ハープの音色で機械を狂わせるビジンダー=ミエ子!ギルハカイダーとして蘇ったプロフェッサー・ギルはハカイダー四人衆と共にガッタイダーに変型し脅威のパワーを発揮する!ジローとイチローはアキラを守りきれるのか?

 のっけからビジンダー登場。闘う女王様好きの私にはツボかもしれん(^^;)。 原作に即したデザインですねえ。かなり笑える(笑)。紺野さんの絵でなければ「げっ」ってな感じですが、 似合うので許せてしまう。リエ子さんとの共鳴シーンなんかもおおっという感じです。しかしこの話のネーミングってほんと安易。まあそのセンスも好きだったんだけど。 (でも石森先生以外にやられたら興ざめだろう(^^;))。…このあたり信者もーどです(^^;)<ぢぶん
  にしても動きます。嬉しいなあ。キカイダーも動いていたけど、あっちは派手でなくても良かったのだな。 物語のテーマがジローの葛藤と哀しみ、ジェミニィだったんだから。こっちのテーマはまだ判りませんが、単純に楽しめる。 キカイダーの成功で続編をOVAにしたんでしょうけど、むしろこっちの方がTV放映向きかもしれない。
  アキラ君が泣き出すシーンもなかなか。前作「キカイダー」の、ジローの良心回路の成長という設定をうまく活かしてる。 それに対してイチローは乱暴ですが…。良心回路が無いというより、乱暴なだけに見えてしまうんだけど(^^;)。 単にロボット三原則が組み込まれていないのか?って感じ。「キカイダー」でのジローと敵ロボットとの戦いでは、 ジェミニィの有無でこんなにも違うのかって感じが出ていたんだけど。(だから蝙蝠さんのアレンジはぐっと来たんだ) イチロー見てるとよく判らない。彼の行動原理はなんなのだ?マスター(主人=人間)が存在するわけでなし。 ジローに味方するってことなのかしらん。まあこの辺原作でもよく判らないんですけどね。
  そして出た!ハカイダー四人衆。仮にもダークの幹部だったとは思えない馬鹿っぷり。サブロウが凄く格好良かったのに、 ギル達だと思わず…。ガッタイダーもなあ。だけど合体を解いた後に残った連中の姿は良かったなあ。ホラーでした。
  01の必殺技サンライズ・ビーム。一緒に見ていた旦那が「波動袍でも撃つんか?」と言ったけどそんな感じですね。 でもこういうの好き。やっぱこのくらいケレン味がないと(^^;)。しかし撃っちゃうとしばらく動けないようなので、 ホントに必殺技。そう言えば01は太陽電池で動いてた筈だし、夜は長時間活動できないのかも(^^;)。
  ラストの締めに風天和尚…。怪しい。怪しすぎる。原作では好きなキャラだったので出てきてくれて嬉しかったんですが、 …あれって、もしかして、零?(^^;)。

  この話、シーンシーンは面白いんだけど、ストーリー的には掴みにくいかも。 アキラ君を狙ってるのは、ダークの残党(=ハカイダー)とシャドウと二手いるんだけど、 そのふたつの敵と同時にぶつかってないから、シャドウとダークを混乱してしまいそう。 後二話しかないのにどうするんだろう…?まだストーリーが始まったばかりって感じがするのだが。(←余計な心配か?(^^;)) まあOVAだから、視聴者を限定するし(オタクが殆どと推察)そんなに気にする必要はないのかも知れないが。
 この作品の脚本は大西さん。大西さんと言えば平成009のシリーズ構成をやった方ですが…。 うーん。009がせめてこれだけ動いてくれれば良かったのになあと思わずにはいられない…。


VOL.1

ダークを壊滅した後、光明寺一家と別れて彷徨うジローは謎の組織に追われるリエ子とアキラと出会う。二人を狙う奇妙なロボット軍団との戦いの中、ジローにプログラムされた不思議な“記憶”が目を覚ます。それは兄であるキカイダー01との出合いへ導く光明寺博士の意志…!

というわけで、01です。
前作のキカイダー、11話と最終話が笑えた(^^;)ことをのぞけば、まず最高と言っていい出来だったのだが、 噂ではこっちはいまひとつらしい。とは言え、キカイダーの方を録画し損ねて泣いた自分としては、 同じ轍は踏みたくない。――ってことで標準録画(三倍だとまともに撮れないからなんだが)。
 キャラデザインは同じ紺野さんの筈だけど、なんとなく雰囲気が違う。最初のジローのUPでお?と思った。 作画さんが違うからでしょうね。どこか大人っぽい感じがする。リエ子さんは綺麗でアキラ君は暗い(笑)。原作まんまな感じですな。 …紺野さんの絵って、私にとってホントにツボ(^^;)。009の第一話が初体験だったのだけど、やっぱ動いてるといいですねえ。
 大仏からイチローが出てくるシーンも、和尚さんもアリで嬉しい。イチローの馬鹿っぷりも悪くない。 (森久保さんってジェットのイメージが強かったけど、こっちの方が似合ってますな) 更に変身シーンも格好いいじゃないですか。うーん。やっぱり、ジローとイチローの違いは「格好いい」かどうかかもしれないな(笑)。原作も特撮もアニメもね。 ジローが内向的オタク系なら、イチローは不良系?という感じでしょうか。(まあそれが成功してるかどうかは判らないけど(^^;))
 動いてるし話も原作をうまくまとめてると思う。うん、音楽は凄くいい。キカイダーが脚本や演出で暗かったのに対して、 01は音楽や絵のトーンで暗いという感じですね。物語の導入もまずまずだし。これから話が盛り上がりそう。…でも後三話で終わるのだろうか?


掲示板 || HOME >> REVIEW >> キカイダー01 THE ANIMATION