TOPへ戻る


−日々是精進・9812−

つれづれなるくらげの日々

「日々是精進」TOPへ

1998.12.21
★社会面:年の瀬です。今年も後わずか――いよいよ来年は問題の1999。 今年の十大ニュース、くらげ版。
TOPはやはり「和歌山毒カレー事件」
二位 「日本サッカー代表、W杯出場」
三位 「英米、イラク爆撃」
四位 「インド・パキスタン、そして各国の核実験」
五位 「北朝鮮ミサイル、三陸沖に着弾」
六位 「黒澤明監督、ご逝去」
七位 「公務員汚職問題」(まとめて)
八位 「獅子座流星群」
九位 「金融ビッグバンとその失敗」
十位 「相変わらずの不景気」
ろくな事がない(^_^;)…でも、良いニュースより悪いニュースの方が頭に残っているものです。 本当はちゃんと探したら、色々あるんでしょうけど、こんな感じですね。個人的には「金融ビッグバン」 よりフリューゲルスがなくなっちゃう事とか、中田がイタリアに行った事とか――アビスパが 残留できたこととか、そっちの方が大切だったりしますが(^_^;)社会的にはね…
でも、W杯というのは大きいですよ。これで日本はやっとある意味「大人の仲間入り」出来たと 言うことだと思うので。サッカーはひとつの文化です。その文化の面で、(いくら経済的には 大きな顔をしていても)ついていけないというのは辛い。日本が弱いことじゃない。日本という 国が、政府が、国民が、スポーツを文化として捉えられないということ――は、ちょっと哀しいと 思います。柔道は文化なのにサッカーは文化じゃないんだもんね、日本は(苦笑)
2002年までには、そこんとこ、はっきり理解して開催できたらいいなあと思ってます。

☆くらげ面:というわけで、来年は1999年です。
今更なんだけど、怖い――怖いのは死ぬことも怖いけど、なにより、まだ何も為していない、 という事が辛い。まだ準備が出来てないんだもん。たとえ終わりが来なくても同じ事。 いつ死が訪れるか、それは誰にも判らないんだから、いつでも準備していたい。…来年は 「そなえよ、つねに」でいけたらと思っています。(これ、ボーイスカウトの標語だったんだよね) ――今年の更新はこれが最後でしょう。今年、いろんな事がありましたが、やはり一番のニュースは くらげサイトを公開出来たことだと思います。皆さん、お世話になりました。 来年もよろしくお願いしますね(^^)
では、よいお年をお迎え下さい。


1998.12.21
★社会面:数々の事件が世間を騒がせていると思ったら、今度は海の向こうで爆撃が始まった。
私はフセインという人物が好きではないし、彼のやっていることが正しいとは思えない。でも、 そのために彼の国の人々が犠牲になるのは、なにか違うのではないだろうか。 アメリカでは大統領の弾劾が始まった。途端に爆撃は終わり、そして権力者はその地位を捨てないと 宣言した。爆撃はもちろん嫌だけど、それに対して「順調にいっている」だの「作戦は成功」だのと 言われるのはもっと嫌だ。そして一番嫌なのは、そういう国の姿勢に対して「悪役は死ねばいい、 たとえ核を使ってもいい」と豪語する人のいることだ。ブラフとして人の命を奪う。それが 本当に正しいことなのか。そうしなければ動こうとしない(それでも動かない)フセインにも腹が立つが、 爆撃をする側にもなにか疑問を感じる。それは本当に大儀として掲げている理由によるもの なのだろうか。もしそれが――大統領の個人的な事情によるものなら――世論を繋ぎ止めるための ものなら――私はそれが許されるとは思えない。世界のリーダーが、大国が、聞いて呆れる。 そんな人々は、世界が滅んでも合衆国が生き残ればそれでいいのだろうけど。同じ人類として 恥ずかしい。

☆くらげ面:風邪をひいてしまった
我が家では最近釣りが流行っている。流行っているのは家人だけで、私はついでの恰好だが(笑) 先日も体調が悪い中を釣りに行った。釣れる釣れる…とんっでもなく釣れて最期は殆ど帰すことに なってしまった。釣ったものは食べなくてはお魚に失礼だと思うからである。ほとんどがアジで、 他に烏賊が2杯ほど釣れた。美味しくいただいた(^^)特にアジのすり身で作ったさつま揚げは 絶品だった。自然はありがたいものなのである。


1998.12.15
★社会面:世の中、不景気なだけならまだいいのだが、あちこちで毒やら針やらの入った 食べ物が出回るようになってはおしまいである。本当に嘆かわしい。被害に合われた方の ことを思うと、冗談抜きではらわたの煮えくり返る思いがする。先日、九州でも、 針の入った肉まんかなにかが出たそうだ。死ぬときは死ぬ、と決めている自分だが、 そういう犯罪の犠牲になるのは嫌だ。こういうことを行う人の気持ちは、全然判らないわけじゃない。 物書きだから。でも、やる前に考えることがあるだろうと思う。それを見ぬふりをするのか、 或いはそれさえも判ってやっているのか。いずれにしろ、犯罪は許せないものだと思う。 一刻もはやく、個々の事件の解決を願う。

☆くらげ面:先日、臓器移植について家人と話して、初めて決定的に考え方の違いを 感じました。…自分の身体なのにどうして自分のいいようにさせてくれないんだろう、と 思うと、悔しくて涙が出ました。でも、向こうは向こうの考え方で、私のことを考えて NOを出しているわけです。今は折れないと仕方がないんでしょうね。
私は海外ボランティアに行くのが夢でした。過酷な条件の過酷な所へ行って、人に奉仕する 道を選びたかった。それが偽善で、自分のタメだと判っていても、それで死ぬのならいい、と ずっと思っていました。それを覆されたのは、マザーテレサの「あなたのまわりには、心が 飢えている人がいます。その人を助けて下さい」という意味の言葉でした。そのためには 何かを犠牲にしなくちゃならない。それは私の「考え方」でさえそうなのかもしれない。 複雑な気持ちなのでした。


1998.12.09
★社会面:しっかりしろよ!日本代表!!
何のことか…そう、勿論(笑)サッカーです。
タイのバンコクで行われているアジア大会、その中のサッカー、日本代表はU−21で 構成されています。それが…もう…(-_-X) もう少しなんとかならないのか〜〜〜という感じ。 韓国に負けたことを言っているんじゃないんです。向こうは半分はA代表…つまり、ホントの フル代表だったから。負けても、仕方がないのかもしれない。私ががっくり来たのはその前の2試合。 完全な格下相手になにやってるのか。勝てばいいってもんじゃないんです。そりゃ、負けるよりは 勝ったが良いに決まってる。でも、相手は全然実力の違うチーム。練習でやって来たことを 確実に行い、戦術を徹底させる…そういう試合を望んでいたのに…完全に押さえ込まれてる。 監督がトルシエじゃなかったら、わたしゃ「監督変えろ〜〜〜!!」と叫んでますがな(笑) ファルカンの時がそうだったからなあ。…トルシエはね、まあ、信頼してるんですけど。 ほんと、なんとかしてくれ。今のままじゃ、腹が立って仕方がないぞ。なに?中田がいない? 何?柳沢がいない?そうかい、じゃ、日本は一部のスーパースターがいなかったら、あんなに 情けない試合をするような、つまらないチームなのか…違うはずでしょう?!
W杯だって、いつ誰が怪我をするのか判らないんだよ。ひとりふたり抜けただけで、 ああも変わってしまうのはいただけない。がんばれ!日本!自分たちのサッカーを取り戻すんだ!

☆くらげ面:か〜〜け〜〜な〜〜い〜〜よ〜〜〜〜(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
そう、月光人形が書けないんです(; ;)…書いても書いてもつまらないものしか出来ない。 多分にバイオリズムが下がっているんでしょうかね。ああ、情けないよう…。 いや、まけるもんかっっ。今日も頑張って書くのだ〜〜!!(はあはあ、ぜえぜえ…がっくし)


1998.12.06
★社会面:やっと勝ったねえ(T.T)アビスパ!
やっと…やっと勝てました(T.T)…なんとかこれでJ1残留です。提示板での皆さんの暖かい お祝いの言葉も胸に沁みました。ほんとに良かったよう〜〜〜〜〜〜〜。アビスパおめでとう! 来年も頑張って…来年こそはAクラス入りを目指しておくれ〜〜!!!!

☆くらげ面:ということで、そっちは嬉しいことがあったんですが、個人的にはとっても がっくり来ています(^_^;)なんというのか、人の世の哀しさを感じましたことです。はい。
というのとは別にして、我が家にダンナの両親と姪っ子が遊びに来ました(^o^)  私自身はそう思っていなかったのだが、どうも親は私が凄く気を使っていると思っていたらしい。 …どーしてなのかなあ。そんなに気を使っているように見えるのかなあ…と、落ち込み(^_^;) 気を使っている姿って、それを見ている人に余計気を使わせるんですよね。 これは不味いなあ、と思うのだけど…自分が気を使っていない以上、どうしようもないのだ。 むずかしいもんです。


「日々是精進」TOPへ