[HOME]

くらげ日記0304

つれづれなるくらげな日々

[Diary TOP] [今日の日記] [プロフィール] [おたけび] 

[BACK] [NEXT]


03/04/25

気が付くと一週間が過ぎている(^^;)。
もうこんな日付か。あっという間の一ヶ月だったなあ(遠い目)……
まああと五日もあります(^^;)。もうちょっと頑張ろう。

 変わった部署はコミック。名札もコミックと付いた。…なんか、くすぐったい。

コミックと言えば、先週の日曜日は復活祭で、久々に教会に行ったんだけど、そこで会った面々に、 「今、本屋で働いていて、担当はコミック」と言うと「やっぱり」と言われてしまった。 …いや、判ってるんですよ。はい。私が漫画好きなのはもう周りに知れ渡ってるし。でもね。 くらげは漫画と同じくらい、小説だって読むんだよ〜〜。(漫画と同じ程度にしか読んでないとも言うが…)
まあ、懐かしい顔に会えたから良かったんだけどね(^^;)。

 しかし忙しい。
それでも六時上がりの時は無理にでも帰ってるんだけど。…一日の仕事がその日のうちに終わらないのは、辛い。 そして、終わらないのに帰ってしまう自分が、悔しい。
だけど無理して働いて、ダウンしちゃったら意味がないもんね。
焦らずじっくり。でもちゃっちゃっと動いて。
がんばろう。うん。やっぱ、それに尽きるよね。

先日の水漏れで破損?してしまった本部屋のキーボードを新調する。でも一番格安のものを購入(笑)。
ついでにNortonのInternetSecurityも購入。
一年ばすた君とお付き合いしたけど、どうもウマが合わない模様なので、こっちに鞍替…いや戻しかな。
ファイルが破損してたり、原因不明でWinが起動しなかったり(苦笑)時間はかかったけど、なんとか無事インストール。
これで凍らなくなるといいなあ。

 来週は上京の予定。となると明日も頑張って働かなければ(笑)。
五月はドラマ化コミックフェアでございます。


03/04/17

 だんだん日にちや曜日、時間の感覚が無くなってきてます。朝起きても昼寝した後のよう。若いときはこれでも良かったんだけど、 この歳だと結構疲れます(^^;)。

 掲示板にも愚痴ったけど、今朝、ポタ、ポタという音で目を覚ましました。そうです。上の階からの水漏れです。
かなりの水がこぼれたらしく、本部屋はぐっしょり。天井を伝って廊下まで進出。(つまり天井が傾いてるっていう証拠なんだけどね(^^;)) 本当に貴重な本は殆ど本棚なのでほぼ無事だったけど、ハードカヴァーのいくつかはボロボロ…もう泣くしかありません(T.T)。
上のお宅は物凄く気にされているのだけど、これを全部弁償してもらうと膨大な金額になります。マジ。 殆どを古本で賄っても同じ。でも、一番問題だったのは、職場の同僚から借りていた本(デルフィニア戦記)がやられてしまったこと。 これはねえ…マジになんとかしてもらわないと…はあ。
 朝から切れそうになって「引っ越す、絶対引っ越す!!」と半泣きだった私。職場で賃貸住宅情報を購入し、残業もせずさっさと帰宅して後かたづけ。 すっかりその気になっていたのですが、帰ってきた旦那にやんわりと反対されて、結局前言撤回。来年まで待つことになりました。(どうやら来年には、 新しい社宅に引っ越せる可能性が高いらしい)確かに、急いで引っ越して、そこもボロボロだったら泣くに泣けないですもんね。
 まあそれまでは油断せず、大事な本は水漏れに備えて棚に収納し、すぐに引っ越しできる体勢を整えようと思います。
 しかし…なんでまたよりによって本部屋に漏るかなあ(T.T)。本部屋(兼・書斎)にできるのはこの部屋だけなので今更変えようがないし。 人から本を借りる時は、この部屋には置くまい。つーか、人に本を借りるのはやめよう…はー…


03/04/15

 今日会社に行ってから判明した事実。
其の壱。先日書いた領収書の金額が間違っていた。お釣りの金額を書いてしまったのだ…。馬鹿。
其の弐。今日は15日だった。つまり昨日は14日。約束をしていた日なのにすっぽかしてしまった…。阿呆。
…よくよく、私は頭が悪い。時々、こんなんで良く仕事してられるよな、と、自分の失敗に唖然とする。
まあ、過ぎたことにうじうじしても仕方がないので、反省したら、明るく元気に前向きに。
ちなみに反省してないわけではない。でもサービス業たるもの、お客様の前でうじうじぐじぐじしているわけにはいかないだけである。
ホントだよ。(と、言い訳もーど)

 昼休みにふらりと歩いていたら、五年前に何度か行った店がまだ元気に営業していた。
当時は会社の同僚と食べ歩きをしまくったものだが、現在はその暇も先立つものもなくて、 手近なところですませている。
そんな事だから、思いがけずそういう店を見つけると、なんか嬉しい。
味も変わっていなかった。
やっぱ嬉しい。

 昼からの勤務だったので、帰ってきたのは22:00近く。
ビデオで撮っていたNHKの「プロジェクトX」を観ようと思ったら…録画を失敗していた。
21:15からだったんだよね。なのに、21:00から45分間の録画にしていたのだ。おかげで、最後のクライマックスは観ることができず。
 今日のお題は『TRON』。存在は知っていたし、先日までコンピューター書担当だったので坂村さんの著書もあって、 今日の放映を楽しみにしていた。――だけに、悔しい。
…しかし、TRONって所謂オープンソースってゆーものだったんじゃないのかしら。いや、オープンソースってものが具体的にどういうものなのか、 TRONの詳しいことも知らないので間違ってるかもしれないけどね。それと、NHKがやたらと「基本ソフト」と言うんだけど、これって結局、OSの事ではないのだろーか。 何故OSと言わないのだろーか。OSという言葉が難しいと思っているのか(この一億総マシン持ちの時代に?)それとも、 OSという言葉はなにか規制でもあるのだろーか。かんぐってしまうぞ。
それにしても、あの時代にあれだけ凄いOSができていたのかー。驚きだ。なんたって私は初めてパソコンに触れた時はDOS全盛時代。 初めて自分で買ったのはwin95とゆー世代だからして、DOSの時代にあーゆーばっちりGUIなOSが存在しているなんて思ってもみなかったのだな。 まあMacというものはあったけど(^^;)Macって高くてグラフィックなんかの専門家が使うようなイメージがあったし。
途中でビデオがぷっつんと切れてしまったので、何とも言えないんだけど、なんとなく、TRONがPCでなく家電なんかに普及していったのは、 アメリカの国策と某M$社の所為なのかもしれないと思ってしまった(まあ、所為ではなくおかげと言い換える事もできるんだけどね)。
 今更Winから離れることはできない身体なんだけど、他のOSも試してみたいなあ、などと、文系の頭の癖に思ってしまう私なのであった。

読書面:J.P.ホーガン『巨人達の星』。
『巨人の星』ってタイトルだとなんだかな、と思っていたら、『達』が付いた。付いただけでアクセントも変わって、なんとなく違う感じがするから不思議だ(笑)。 しかし、さすがにここまで来るとちょっとな…と思うのであります。トンデモな大どんでん返しとも違うし。 安心して読めるのはホーガンのいいところなのかもしれないけど。
書評サイトをいくつか見てみたら、シリーズが進むにつれて評価がイマイチになっている模様。でもこのシリーズだけ読んでも、 ホーガンは判らないのだとか。うーむ。他の作品が気になるなあ。


03/04/14

 たった三日だけなのに、久しぶりに感じる休日。
半日寝てから友人と一緒におでかけ。家の中は片づかなかったけど、自分の方はなんとか復活できた模様です。やっぱ、疲れてたんですねえ。
 午後からまたポスペ三昧。近くのダイエーでポスペのガチャポンを発見。これが可愛いのだーーっ(笑)。 思わず三回も回してしまった(^^;)。馬鹿である。でも、可愛いからいいのだ(苦笑)。

 夕食で米が尽きてしまった。玄米は山のようにあるんだけど、精米できていないので使えない(T.T)。 コイン精米機なんてどこにでもあるものだと思っていたけど…意外と見つからないものなのね。
今まで田舎に住んでたんだなーなどと感動してしまった(^^;)。
近いうちにお米屋さんに行くか、でなければスーパーで米を買ってくるしかあるまい。うう、勿体ない(笑)。

03/04/12

 職場の部署が変わった。
隣に移っただけなんだけど、忙しさは段違い。…初日に続いて二日目の今日にしてもうバテバテ。
でも、負けてたまるかーっである。今までと違うんだから、勝手が判らないのも段取りが悪いのも仕方がない。 いずれ近いうちに慣れてちゃっちゃっと動けるようになる筈――いや、なるのだ。うん。
私はおたっきーだが、アクティブに活動しなくなってからかなり経つ。その分知識も減ってるし、興味の方向も違っている。 でも、悲観はしない。またアクティブになればいい。おたっきーの方ではなくて、知識の方にね。
そしてそれは嬉しいことに、自分にとっても楽しいことでもあるのだ。
 今日もまた馬鹿なミスをしてしまった。言い訳を繰り返しそうになって我慢。言い訳は所詮言い訳。 自分を騙しても情けないだけだ。ならば反省をしっかりして、それからもうミスをしないこと、これでいい。
がんばろう。

読書面:グイン89巻『夢魔の王子』読了。
…やっぱこの人はこの展開がいいですなあ(^^;)。いや、自分が好きだからかもしれないが。
いろいろ不満もあるし、呆れてしまうような部分もあるし、ハテ?というところもあったのだけど、 肝心の部分は結構イケた。…結局私も好きってことね(苦笑)。
ただ期待しててだんだんお馬鹿になってしまった某Yさんの件もあることだし。 後はもう、この先をきっちり書いてくださることを望みますです。はい。


03/04/09

 春は一年の中で一番美しい季節だという。
 休みの日にぼんやりと外を歩いていると、それも本当かもしれないと思う。
もう桜は終わってしまったけれど、いろんな花が咲いている。若葉の色もまだ初々しい。 デジカメを持って出なかった事が悔やまれた。尤も私の技術や感性では、この美しさは写し撮ることが出来ないかもしれない。 それはただ綺麗だということではなく、人の心の中にあるものに訴えることだからだ。
風が柔らかくて、良い気持ちだった。
バス停までの道のりが、とても短く感じられた。

 用事があって仕事場の近くまで出たのだけど、ついでに博多大丸に寄ったら、たまたま地下のパン屋さんで「ガーリックジャンボ」なるものが出ていた。 噂ではとても美味しいらしい。人も並んでいる。お腹も減っていたこともあって、ひとつ購入した。
この品物、ガーリックの香りがものすごい。デパ地下の食品売り場に居るとそれも美味しそうなのだけど、 そのままバスに乗ったのがまずかった(^^;)。…バスの中でも凄い香りなのである。
こうなるともう香りではない。匂い、である。
確かに一瞬はいい匂いである。が、10分もそれが続くと、いいかげん問題である。周りの人も眉をひそめているのが判る。
結局、いたたまれなくなって、途中でバスを降りた。
あのパンを買った方は、いったいどうやって家まで持って帰っているのであろうか。…不思議である。
ちなみにそのパンは実家へのお土産になったので、私の口には入っていない。果たして美味しかったのか、次回、車で帰れる時に買ってみよう(^^;)。


[BACK] [NEXT]
[HOME]