[HOME]

くらげ日記0301

つれづれなるくらげな日々

[Diary TOP] [今日の日記] [プロフィール] [おたけび] 

[BACK] [NEXT]


03/01/29

暴風雪警報が出てしまった。朝起きたら外は一面雪。しばらく寒そうだなあ。

とにかく寒い(^^;)ホントに寒い、凄く寒い。
1月の初めにも雪が降って交通が一部麻痺しちゃったけど、今回もやっぱりそうなった。でも、 バスは動いてましたね。前回を教訓にしてくれたのかもしれません。私は午後からの勤務で、 無事遅刻することもなく(急いだので却って早く着いた(^^;))出勤できました。いや、助かった。
しかし帰ってきてみれば、車の上の雪はそのまんま。道端にもまだ雪が残っている。…明日も壊そうだなあ。
垂れ流しのおかげで(苦笑)ちょっとだけ浮上して今日も仕事で頑張れた気がする。
やっぱ私は書いてなんぼかもしれない(嘲)。

ヴォルコシガン・サーガは「天空の遺産」まで読了。本を忘れたりして「バラヤー内乱」の方が後になっちゃいましたが。次は「ミラー・ダンス」の上巻です。マイルズにもクローン君にも会えるんだ。楽しみ〜(^^)。
しかし…いいかげん、本棚の最近読んだ本の方にもUPしないと拙いですね。ル=グィンのハイニッシュ・ユニヴァースは一部昔読んでいたからともかく、 ビジョルドは初読だし。
最近、生涯でかつてない程に(笑)積読本が増えています。珍しく2年も滞っていたダニングの「死の蔵書」の続編?「幻の特装本」もプロローグで止まってるし、 シモンズのハイペリオンシリーズ最終話の「エンディミオンの覚醒」も積読。先日購入した宮城谷の「沙中の回廊」も積読。 ああ〜〜〜〜なんでこんなに積読が増えたんだ(^^;)あれだけたくさんの本を処分しておきながら…………。やっぱ、私、馬鹿(笑)。

03/01/28

風が吹いて雪が舞って雷が轟く。警報も出た。寒い。冬ですねえ。

今日は休みだったので、なにかしようと思っていたのだが…結局一日何もしないで終わってしまった。 勿体ない。けど、気持ちと身体は思ったより疲れているらしい。
歳のせいかもしれないし、無駄に気を張っているのもあるだろう。
仕事を始めてもう一ヶ月になるというのに、一向に慣れない。
失敗ばかり。それも単純な、当たり前の事ができないのだ。
我ながら、どうしてこんな単純なミスをするのか不思議なほど。でも、ミスはミス。
そしてその些細なミスで、たくさんの人に多大な迷惑をかける事になる。
いい歳をしてそれが判らないわけでもないのに、それでもミスをする。
…馬鹿です。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
謝れば許されるとか、悪かったと思えばそれでお終いなんて、思ったことはない。
二度とミスを犯さないことこそ大切。
でも、迷惑をかけちゃったらやっぱり謝らなくては。
叱られたり、嫌な顔をされるのが辛いんじゃない。(そりゃ気持ちよくはないし馬鹿にされるのも嫌だけど)。
でも、やっぱり心は傷つく。
そして、自分の情けなさに途方にくれてしまう。
この状態にいつか慣れる時が来るのだろうか…。
(ミスに慣れるということではなくて、仕事に慣れるという意味ね(^^;))
それでも私は自分の仕事を大切にしたい。逃げたくない。辞めたくない。続けていきたい。
がんばろう。
10年前には当たり前に出来たことが、今は努力しないと出来ない。でもそれが人間。
人は老いる。この歳で老いを感じるなんていうと、壮年熟年の方には失礼だけども、でも、20歳を過ぎたら、 人は老いに向かって走り出すのだ。それは間違いない。
衰えていく頭や身体は経験で補うもの。それは時にただの冴えよりずっと大きな意味がある。 ただ、その経験にしても、新たに仕事を始めれば無いに等しい。ならば、努力をしなければ。
「人生いつまでも勉強」ってのは、私の口癖。口ばっかりじゃ意味ないよね。
よし、頑張ろう!

しばらく書いてなかったので、煮詰まっていた模様(^^;)。
垂れ流しも、時には大切だわ。うん(笑)。

03/01/02

新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

というわけで帰宅。我が家に帰ってきました。年末大掃除も殆ど出来ずに帰省したので、家の中は散らかってます(^^;)。 WEBの中も散らかってます(^^;)。本棚も整理できていません。が、戻りの電車の中で「亡国のイージス」を読了。 毎年この帰省戻りでは面白い本に出会えるのですが、今回もマルでした(^^)。この調子で今年は本を読むぞー。
年末にNET注文してた本も手に入り、こっちはちょっとイマイチ。やっぱ記憶って美化されるものなのかしらん。それとも昔読んだ時とは、時代も自分も変わったということなのかな。 ま、それを感じさせてくれるのも読書の醍醐味です。というわけで、今年も宜しくお願いします(^^)。


[BACK] [NEXT]
[HOME]