[HOME]

くらげ日記0211

つれづれなるくらげな日々

[Diary TOP] [今日の日記] [プロフィール] [おたけび] 

[BACK] [NEXT]


02/11/29

また働けることになった。好きな仕事で働けるのは幸せ。感謝。

なんということもない、平凡な主婦の一日。
しかしこのぼーっとした時間もしばらくは無いのだと思うと、嬉しいやら不安やら…(^^;)。
明日は朝から大分へ移動となる。釣りのクラブの大会があるのだ。
ゆっくりしてる暇はないけれど、昔の職場にも顔を出す予定もある。
大分はここより暖かだが、海の上は別。とんでもなく寒い。
磯に上がるのは早朝というか真夜中。フリースと防寒着で身をかためて出発しなくては。
もう何ヶ月も竿を握ってないけど、まだ釣り方を覚えてるだろうか…。


02/11/28

寒いだけでなく乾燥注意報も出始めた。貯水量は当然マイナス。大丈夫かなあ。

 昼前に携帯が鳴った。着信音から身内でない事は判った。取ってみた。
「もしもし?こちらxxxxXのXXと申しますが」
そう、面接の結果が出たのである!
というわけで、お騒がせ&ご心配をおかけ致しました。なんとか無事、最初の門をくぐる事が出来たようです(T.T)。 三ヶ月間の試用期間もあるし、実際仕事が出来なかったらクビもあると思うけど、でも、とにかく、 しばらくの間は本の仕事ができるよーーーーっ(T.T)。う、嬉しいよ〜〜〜
 早速あちこちに連絡。旦那、心配してた幼なじみ、前の職場。一日かけて御礼を言いまくりました。 意外だったというか(^^;)驚いたのは、紹介してくれた某書店の店長がここを見ているらしく(笑)、 結構心配してくれていたこと。いや、勿論心配していただけるのは有り難いんだけど、この日記を読んでるというのが…(^^;)。 ここ数日ずっと胃が痛いとのたもうてたので申し訳なかったりして(^^;)。
#W店長、ホントに感謝です。

 午後になって荷物が届く(^^)。
 そう!!先日落札した本である〜〜〜〜るるるるるる〜〜〜♪(←既に馬鹿)
荷物はふたつ届いたのだけど、どちらも私が多大な影響を受けた本。以前持っていた筈のものや、今でも 重複して持っているものもあるのだけど、とにかくどうしても欲しかったのだ。というより、私はこれがきっと 必要だったのだと思う。…それほどまでに愛した作品を、再び読むことができる。幸せです。はい。
出品者さんたちへ感謝。

 出社は来週から。週末は大分へ。これから忙しい日が続きそう。でも、嬉しい忙しさです(^^)。


02/11/27

また急に寒くなった。12月中旬の気候だとか。…そう言えばもうすぐ師走なんだなあ。

☆社会面:昨日の火事はだいぶ収まってきたらしい。避難されていた人々も自宅に戻られたとか。 しかし本当に大変なのはこれからである。なにか出来ることがあればと思う。
 地元福岡のニュースでひたすら「観測史上まれに見る乾燥した11月」だったと報じている。…確かに。
雨が少ないのは、洗濯する主婦としては有り難いが、福岡市民としては先行きが不安である。水不足はもうこりごりだ。 毎日水は大切に使っているが…そもそもの貯水量が全然足りてないという話。来年は…マジ怖いことになるかもしれない。
 ちなみに今日は年末ジャンボの発売日だったらしい。もう何年も買った事はないが…うーん(^^;)。

★くらげ面:そして今日も返事は来なかった…。胃が痛いぞ(苦笑)。
巻数の多い本を思い切って登録して棚に置いてみたら…棚が足りないのが判った。やはり、という感じである。
思ったより海外文庫が多いのに驚く。いや、本読みの人からしたらホントに微々たるものなのだが…。自分では海外物を殆ど読まない方だと思っていたので、 こんなにあるとは思っていなかった。まあシリーズで揃えると、どうしても増えちゃうからなあ。 おまけに最近のハヤカワは文字が大きくて本が厚くなってるし。(今月新刊の「エンディミオンの覚醒」なんて 上下巻一冊1000円だぞ(T.T))
ま、20年先も読むつもり本は、文字が大きい方がいいのかもしれないけど。 ただ大きいんじゃなくて、行間も大きいんだよなあ(^^;)…。

02/11/26

やっちゃった。オークションの高値落札。…嬉しいような、馬鹿なことをしたような、なんとも言えない気持ちです。

☆社会面:伊豆諸島・大島(東京都大島町)の波浮港沖で、自動車運搬船「ファル ヨーロッパ」(56,800トン、バハマ船籍)が座礁し炎上した。 船舶火災は、消火活動が難航し、燃え続けている。
座礁、火災というニュースは前にも見た事があった。が、今回の映像はかなりショックだった。 伊豆という場所に親近感を持っていた為かもしれない。避難されている人々を見たせいかもいしれない。 いずれにしても、今まで見て「気の毒だなあ」とのんびり思っていた事が恥ずかしくなった。
あの美しい海が元に戻るまで長い時間がかかるだろう。 付近の方にとっては本当に大変な事であると思う。一刻も早く消火されますように。
 これほどまでの被害が出る可能性があっても、船舶輸送というのは必要なことなのだろうか。私には判らない。
にしても、ニュースで言っていた「どこが責任を持つかで作業が遅れている」という言葉が気になる。天文学的なお金が動く事だけに、 いろいろ大変なのだろうとは思うけど…。

★くらげ面:社会面のニュースを見たのは夜。それまで私はごくごく個人的な事で一日中ウキウキしておりました。
落札出来たのが嬉しくて堪らなくて、早速振込。今までとは違って高額なので慎重に。 こういう時にはATM振込っていいよね。相手の口座番号を入力すれば、相手の名前が自動で出る。 簡易確認になります。
夕方には確認、発送しましたというメールをいただき一安心。後は届くのを待つだけです(^^)。
さて、そのメールで嬉しい事が。
出品者さんとのメールのやり取りでも、いつものシグネチャを利用しているのですが、 それを見てこのWEBを見てくださったらしい。日記も読んでくださったらしいのです。
かなり高い買い物をしたということで心配までして下さり…頑張って落札した甲斐がありました。
 でも、高いとは言え、自らがそれに対して価値があると思える買い物です。先日逃した時はもっと高かったもんね。 それに比べたらもう…手に入れられたというだけで感無量です。出品者さんに本当に感謝です。
#いや、まだ届いてないけど(^^;)。
この先いろんな本に入札すると思うけど、今回の本以上に高い値をつけることは多分無いかもしれない (まあ冊数によりますが(笑))。
嬉しい事とショックな事が一度に起こった日でありました。
 ――そしてまだ面接の結果が来ない。…マジ、落ちたか?

02/11/25

トリニータは正式J1入り決定。最終節はホームで勝利。あらためておめでとう。…だからアビスパも頑張ってくれ(−−;)

☆社会面:そう。トリニータのJ1昇格は正式に理事会で承認されたらしい。J2最終節はホームで勝利を飾った。相手はアビスパ福岡。 内容は全然見てないのだけど、なんとも皮肉な結果だ。来期からは大分でもJ1の試合が見られるのだろう。折角作ったビッグアイ。 市民も楽しめる施設としても、サッカー競技場としても、是非活用して欲しい。しかし…繰り言だけど、私らが居なくなった年に昇格するんだもんなあ。 くすん…

★くらげ面:やっちゃった。とうとうやっちゃった。オークションでの高値落札。
前回、残り10分のところで目を離したら見事やられてしまった教訓を生かし(まあどっちにしても出せない金額だったけど)、 今回は落札まで画面に張り付いた。やはり残り10分で来たなあ。それまで私が付けていた値の二倍に上がったぞ(^^;)。
世の中暇な人もいるんだなあ…。(という私もその一人だが)
ま、でも、ずっとずっと欲しくて堪らなかった本だから、本当に嬉しい。
 ――面接の結果は今日も届かず。一週間経ったんだけどな(^^;)。あと数日して電話連絡が無ければ、 郵送で「今回は〜」とお断りの書面と履歴書が送られてくるのかもしれない。…うううっ。
皆さん、頭は普段から使いましょう。って、あの程度で唸ってる事自体失格かも。悔しいよ〜。

読書面:栗本薫『墨染めの桜』。文庫化で購入。 ちょっと眺めるつもりが、気が付いたら読み終わっていた…(−−;)。
なかなか…一筋縄ではいかない御人だ…<御大。
斜め読みをやってしまったので、落ち着いた後に読み直してから、趣味の本棚にも加えるつもりです。 いやいや…書かれたのは最近じゃないにしても、御大、まだ生きておられます。


02/11/24

我慢できなくて結局れびゅうを書いてしまう。これじゃただのミーハーだ。…ま、いっか。

☆社会面:国連の査察団本隊が、いよいよ25日にバグダッド入りするとのこと。この査察の結果如何でアメリカが戦争をはじめるかどうかが決まるわけだ。 イラクの姿勢については問題も多いと思う。けど、だからと言って戦争を始めてしまうアメリカの行動は、疑問符が点灯しっぱなしだ。 平和に慣れた日本は情けないかもしれないが、戦争を始めてしまう事に抵抗感が無い人間にはなりたくないもんだ。

★くらげ面:ピアノが搬入された。これで、我が家の荷物はほぼ全部揃ったわけである。
#後は大分の友人宅に置きっぱなしの本だけかな(^^;)
いざ置いてみると、音を出したくなって叩いてみた。…すぐやめた。全然音が出ないでやんの(^^;)。出てもふらふら。情けない(苦笑)。
ちょっと叩いただけでも心に響く。ピアノの音は美しい。だからこそまともな音が出ないのは口惜しい。
何度も書いていて今更だけど、落ち着いたら今度こそ練習をしてみようと思う。

読書面:何故か無い本のいくつかをフォローするために、某大型中古書店へ出かける。
しかし――無いですねえ(^^;)。パーン、エルリック、それにデューン。デューンは前史が出たから少し流通してるのかもしれないが、 何故にないのだ?(^^;)<パーン、エルリック。
パーンに至っては、ローワンは結構あるのにパーンは一冊も無いという…。こーゆーこともあるんだねえ (いや、ローワンも無くなってるから欲しいんだけど、今回は見送り)。 結局、いくつかのコミック文庫と大沢の本を購入。
魔界水滸伝の文庫(角川版)を発見。新書は揃って無くて手放したことだし、 こっちで買ってしまおうかと思案中。しかしあまりに大量の購入は旦那に見とがめられるので今日は我慢する。
いきつけの個人経営の古本屋さんへ行くと、買い取りで届いた本の中に目玉本を発見。もちろん絶版本。 ひとつは文庫になってるが、もうひとつはその気配すらない。………よ、読みたい(^^;)。うううっ。


02/11/23

近くにコンビニが出来た。が、そこではbk1の支払いが出来ないと判った。魅力半減(笑)。

☆社会面:あまり良いニュースはないなあと思っていたら、今日はハリポタ「秘密の部屋」の封切りだった。 全国で100万人の観客動員だったらしい。いやいや、めでたいことです。
いい加減歳を取ったので初日の徹夜なんぞしなくなったが、昔はよくやった(もちろんアニメだが)。 今考えるとなんであんな事をしたんだろうと思う。東京じゃないから、初日挨拶も無いし。 まあ記念グッズを貰えるかもしれないが、既に手元に残ってないから、大切にしなかったんだろうなあ。
一刻も早く見たい、という気持ちは判る。封切りというのはお祭りでもあるから、それに参加したい、というのも判る。 …にもかかわらず、ここまで凄いとなんだか興ざめしてしまうなあ。
まあ、今日は祭日でお子さん方もお休み。良い機会だったのかもしれない。
――そう言えば某映画評論家さんが「秘密の部屋」は前作に比べて「大人も楽しめる映画だ」と言っていた。久々に(平日に)映画館へ出かけてみようか。

★くらげ面:ケーブルTVの人が調整にやってきた。帰った後でいろいろ扱っていたらなんだか変なのだが――まあ、 使えないわけじゃないのでいいとする。ちなみに、我が家はケーブルTVの契約などしてはいないのだが、集合アンテナの関係でチェックが 必要だったらしい。…面倒なことである。
良い機会だと思ってNETの事をいろいろ聞いてみる。結果、現状維持が決定。ケーブルは魅力的だが、 現状の方がコストパフォーマンスが高い。速度なんか今のままで充分。上がってもマシンの方がついていけない(笑)。 テレビにしても、福岡市内から出る可能性もあるし、スカパーとBSのアンテナもある。
まあ、家を買ったり立てたりしたら、その時にはかんがえよう(笑)(←最近こればっかりだな(^^;))
 今日は我が家の結婚記念日。で、仕事帰りの旦那と一緒に、近くの旨い焼鳥屋さんへ行った。
やはり美味い。
幸せ。
なまこさん、12年間お疲れさま。出来の悪い妻で申し訳ないが、これからも宜しくです(^^)。

読書面:栗本薫「さらしなにっき」
本を売りに行ったらそこにあったので購入。御大の本は結構持っているのだが、意外にハヤカワの文庫を持っていない。 彼女の短編SFは結構好きなんで、そこそこに期待しながら読んでみた。
いやあ、本人も書いてますが…ホントに小松左京と筒井康隆ですね(笑)。
でもそれだけじゃなくて、ちゃんと栗本さんなところもあり、結構面白く読めました。
しかし――あの後書きはちょっと…いや、まだ読めるんだけど…うーん…(^^;)。でも、こういう処を取ったら、栗本薫じゃ無くなるからなあ(苦笑)。


02/11/22

寒い日は鍋が一番。八百屋で目に付いた水菜を使ってみたら大当たり!オススメです。

☆社会面:高円宮殿下が亡くなられたそうだ。ご冥福を祈りたい。
皇族という存在に対して色々思うこともあるのだけど、その存在だってひとつの文化なのだから。

★くらげ面:たまに、あちこちのサイトの日記なんかを見る。
みんな簡潔にポイントを絞った文章を書かれていて素晴らしい。――で、
我が身を省みる羽目になる。
決して読みにくい文章だとは思わないんだけど、長い。うざったい。改行がない。 言いたいことがはっきりしない。
なんだかまるで、某御大のようで…まあ影響を受けているのは間違いないんだけどね。
文章はリズムだ、というのは私の(たくさんある)座右の銘(のうちのひとつ)なんだけど、 リズムってのは続けばいいってわけではないんだよね。
難しいものだ。

読書面:コミックス『神に背を向けた男』浜田翔子/原作:和田慎二。
ヤフオクで落とした他の作品のおまけでついてきたのだが、当たりであった。
なんというか…(^^;)面白かったす。レディコミで鬼畜で和田慎二(笑)。そーですよ。伝奇とヴァイオレンスとエロスが大好きな私には 嵌るマンガ。浜田さんはあんまり評価(えらそう)できなかったんだけど、これはぐーでした。未完なのが残念。だがきっと、その時にしか書けないものだったのだろう。
最近はこういう荒唐無稽な無茶苦茶さがないよねえ。 その分SFやFTが世の中に氾濫するようになったのかもしれない。現代の世界では遊べないのかも。 まあ私自身も心の中でストップがかかっちゃう方なので判るけど。たまにはこういうのもいいものだ。


02/11/21

気分を変えたくてTOP更新。でも一昨年、昨年の使い回し。そろそろネタ切れ(^^;)

☆社会面:くらげが大発生しているらしい。エチゼンクラゲという直径1mにもなるやつである。こいつが 定置網に山のように紛れ込み、魚が食べられたり毒で死んだりして、場所によっては水揚げ量が四割減だとか。 くらげな事件だけになんだか申し訳ない気がしてしまう。親戚のうちも漁師だし。普段は日本海にしか 居ない筈なのだけど、最近は三陸でも見られるとか。被害が大きくならない事を祈る。

★くらげ面:というわけでTOPを変えてみた。というより去年の秋ヴァージョンに戻してみた(^^;)。
気分を変えたくてなのだけど、どうもネタ切れの模様。外にも出てないしなー。うまく仕事に就けたら少しは変われるだろうか。

02/11/20

☆社会面:サッカー日本代表の試合があった。相手はアルゼンチン。当然力の差がある。どういう試合になるのか不安だったが、 結果はともかく、なかなかに面白い試合であった。個人個人はしっかりしてる技量の持ち主ばかり。勿論その力が100%出たわけではなかったけど、 なんというか…今までの代表とは違う魅力を持ったチームである。次は四年後。ガンバレ代表。

★くらげ面:
 本が出てこない。
あの本もこの本も、あれもこれも出てこない。特に目に付くところだとエルリックの初期、パーンの竜騎士が何冊か、宮部さんの文庫のいくつか、 とどめは小野さんの悪霊シリーズ(T.T)。
ある筈の本が無いというのは凄いストレスだ。
売ってしまったものはいいのだ。自分で処分したのだから。でも、売った筈のない本が無いのはどういうことなんだろう。引っ越しの時にまぎれてしまったのだろうか。 絶版になっている本もかなりあってショック。古本で買い直そうにも、今では高値になっていたりする。ホントにショックだ…。
 今年いっぱい使って、徹底的に本を整理しよう。何を持っていて何を持っていないのか。 はっきり判っていればいいのだ。次の引っ越しの時には、本の箱には順番を付けておこう。何が入っているのかも明記しよう。 そうすれば悩まずにすむはずだもの。我が家の本棚は全部で大がみっつに小がふたつ(将来的にはもうひとつ増やすけど)。これにプラス100YEN収納袋。 それ以上は増やさない(^^;)。…後はマイホームが出来てから(いつになるか判らないが(^^;))考えよう…。
 昨日古本屋さんへ持ち込んだ本が査定できましたとメールが来た。あまりに大量なので預けておいて査定してもらうことにしている。
長い間大切に読んできた本が殆どでボロボロだから高くは買って貰えないが、次に手に入れた人が楽しんでくれれば幸い。 今までどうもありがとう。また誰かを楽しませてね。


02/11/18

 仕事の面接へ行ってきた。
折角の紹介だし、目指せ本に囲まれた日々!という意気込みもあったのだが、はっきり言って自信がない。
面接は悪くなかったと思う…多分、悪い印象は与えてない筈だ(^^;)。が、面接の後に行われた筆記試験が…………――よりによって算数が出るんだもんなあ。 普段使わない頭を使ったのだが、残念ながら私は阿呆になってしまったらしい。さんざんであった。 ショックだったのが「校正」の漢字がどうしても思い出せなかったこと。使わない頭は衰える、というけれど、 まさかに校正とゆー、しょっちゅう使ってる単語を思い出せないとは…。そう言えば漱石の字も書けなかった。 はーー…。いけませんな。やっぱり頭は使わないとね。たまには書き取り問題でもやるかな。マシンばっかり使って書くのも問題かもしれません。
結果は一週間後に通知。人事を尽くすべき時はもう過ぎた。後は、運を天に任せよう。
 面接の帰りに三越のデパ地下に寄って、チーズとワインと紅茶と、夕食の材料を購入。
チーズは白カビ&青カビタイプのもの。そしてそれに合わせたワイン。気合いを入れないとどこまでも落ち込みかねないので、ちょっと贅沢をしてみる(笑)。
紅茶はHarrodsのクリスマスティー。紅茶じゃなくて香茶ですな。紅茶初心者の上にHarrodsは初めて。 夜更かしのお供にと思ってこれを選んだ。(限定モノ好きだからね(^^;))なかなかにスパイシーな香り。 飲むだけでは勿体ないと思い、早速小皿に入れて、玄関とトイレに置くことにした。これで芳香剤いらずです(笑)。
 明日はまた古本屋へ本を持っていくつもり。だけど、古本屋さんのサイトには「通路まで段ボールで埋まり始めた」と書いてある…大丈夫かしら(^^;)

02/11/15

☆社会面:寒くなって本格的に冬の模様。…当たり前か、もう11月も半ばですよね(^^;)。
 テレビでは連日拉致問題関連と北朝鮮のニュースが流れている。今までと違う価値観の場所に放り込まれるのは恐怖だ。 たとえそれが正しい(と思われる)ところであったとしても。それまでの自分の考え方を否定される事になりかねないのだから。 ただ可哀想とか、それが正しいとかいう事で物事を決めることは難しい。その人の身になって考えることが大切なのだけど、 それがなかなか出来ないのが社会というものなのかもしれない。
この件だけじゃなくて、いろんな事においてね。

★くらげ面:先週から旦那の風邪がひどくなり、さらに初めて?の自宅仕事をやってくたくたの日々が続きました。が、取り敢えず復活。 一昨日はコミックを大量に処分し、現在もお片づけに追われております。(自分の風邪はぶり返しの予感。いかんぞこりゃ)
リサイクルショップで本棚を購入。美しくはないが(^^;)、サイズは期待通り。これで大量の文庫が並べられます。夢だったんだよね。 ずらーーっと本を並べるの。コミックも大量処分し続けているので、持ち本の殆どを並べられるかもしれない。(そりゃ無理か)少なくとも コミックス以外は並べてしまいたい。揃ってならんだあのシリーズやこのシリーズ。ああ、わくわく(T.T)。 100円収納袋もあることだし、段ボール箱収納からの脱出も夢ではないぞ。
 昨夜電話があって、来週アタマには書店の面接が決定。福岡市中央区の大型書店です。うがー。怖いよう。試験もあるらしいし。 筆記なんて超の付く苦手。マシンばかりに向かっているしなあ。字が汚くなる一方だし、漢字も忘れる。 読めるけど書けないんですよね。はー。いけませんなあ。

読書面:処分する前にと思ってちらちらと眺めると読み始めてしまう。 読み始めると止まらないので眺めない――ということで、最近は読んでいません(^^;)。
ただ、古本屋を回って手に入れた、新井素子の「…絶句」だけは読了。うーん、やっぱり素子姫は凄いなあ。 最初に素子姫を読んだ時は、私自身も若かったからともかく、この歳になったらもうあの一人称少女文は読めないだろうと思っていたんだけど、 とんでもない!女の子は幾つになっても女の子。大人の女になっても女の子なのだ。そして、女の子であっても、 ちゃんと大人になるのだ。感服。そして創作意欲が沸いてきた。しばらくは無理だろうけど(^^;)でも、 この気持ち、大切にしよう。

02/11/06

 友人の伝手で家で仕事をすることになった。
とは言ってもバリバリこなす技術も量もない。初めて扱うソフトでの久々の仕事なので、勘は戻らないわ、勝手は判らないわで大変である。 でも元々好きな関係の仕事だし、がんばろうと思っている。
友人の事務所は近くなので歩いて行けるのだけど、山(丘?)の上でお伺いするのも一苦労。 でも、毎日行けばかなりの運動になるので(^^;)健康にもいいかもしれない(笑)。
相変わらず本屋の仕事を探してはいるのだけど、少しずつでもいいから、こっちもやっていけるといいなあ。
 前からの約束があって、午後から幼なじみが遊びに来た。…いや違うか。本の整理を手伝いに来てくれたのだ。
今までは手伝いに来ると言っては、結局雑談したりテレビを見たり本を読んで終わっていたのだけど、 今日はバッチリお手伝い。処分する本をまとめてチェックしてくれた。感謝である。
しかし、ある筈の本がない。コミックスの抜けは判るとしても、10冊まとめてないとか、 シリーズまとめてないとかいうのはどうもおかしい。古いものは実家にあるんだけど、 家を出た後に購入した本が無いはずはないんだけどな。うーん。どこに行ったんだろう(T.T)。
ショックだったのは小野さんの初期作品シリーズがゴッソリないこと。 今となっては絶版で手に入らないのに…なんでだ(T.T)。

02/11/05

 引っ越してからもう一ヶ月半が経つというのに、何故か全然片づけが終わらない(^^;)。
久しぶりに100円ショップへ出掛けた。掲示板で話題になっていた不織布の文庫収納袋が欲しかったのだ。 福岡の100円ショップはどうも遅れがちなので、ちゃんとあるかどうか不安だったのだが、 探してみるとあるある。チェック模様が二色。結構いいんでないかい?と思ってカゴに入れ、 他のものを物色していたら、別の種類も発見。…まあ、ホントは揃えた方がいいのかもしれないけど、 中身の種類毎に袋を変えるって手も有りかと思ってこっちも入れる。結局、B6コミック用とアルバム用も併せて、 全部で11枚購入した。
問題はこの袋に入れたあと、どこに置くかである(^^;)。
引っ越しと大量の本に段ボールはつきものだけど、今度こそ段ボールで持つのはやめたい。 どうにか空きそうな押入にスチール棚でも入れて並べるかなあ。

02/11/01

 寒い…。ここ二週間ほどでいきなり寒くなった。まだ冬服を出してないのになんてことだ(^^;)。
風邪はほぼ治ったかというところだが、おかげですっかり怠け癖がついてしまった。食べると眠くなる。ひじょーに良くない。 牛になってしまうぞ。運動不足だしなあ。
 やっとハリポタを読み上げる。上巻の途中からは一気だった。
数日前、朝の番組に松岡さんが出られていて、気になる事を言われていたのだけど、まさかああいうラストになるとは…。ちょっとショックかもしれない。 前回のアズカバンの一言に「子供が出逢う、社会という現実」と書いた。じゃ、今回は?と思ってまず出てきたのが 「裏切り」。しかしこれって、今までの話の中でも結構出てきて、重要なポイントになってるですね。 どーんでーん返しの為だけでなく。ありふれた現実として。うーーん。やっぱりシビアだなあ。
シビアと言えば今回はホントにシビアだった。オープニングもエンディングも。全七巻はホグワーツでの7年間だと思っていたのだけど、 もしかしたら違うのかもしれない。一説によると残り3巻は大人編だそうだが(笑)まあそれはないとして。 ハリーはどうなってしまうのだろう。彼はもう子供ではない、少年だ。多感で傷つきやすく、しかし戦うことのできる歳だ。 心の闇と、憎しみと、裏切りと、そういうものと彼は戦っていくのだろうか。そして、その中で信じることを見出していけるのだろうか。 そして、ヴォルデモートに救いは訪れないのだろうか。
 そうそう。枚数を使えるようになるという事は、細やかな表現ができることに繋がるけど、話がどんどん拡がっていくことにもなるのかもしれないなあ。

[BACK] [NEXT]
[HOME]