[HOME]

くらげ日記0206

つれづれなるくらげな日々

[Diary TOP] [今日の日記] [プロフィール] [おたけび] 

[BACK] [NEXT]


02/06/28

☆社会面:いよいよ明日は3位決定戦、明後日は決勝――ということで、横浜では前夜祭が行われているらしい。もうお祭りが終わっちゃうのかと思うと寂しい限り。 最後に美味しい試合を、ゆっくり見たいものなのだけど…その頃福岡なんだよね(^^;)

★くらげ面:最近どういうわけか眠い。とかく眠い。おまけにお腹がすく。どうしたことだろう。これ以上太らなくてもええっちゅうのに…。 このひと月、似合わない事をして走り回った所為だろうか。なんとか生活が軌道に乗って落ち着いたのか。或いは単に怠け病なのか(^^;)。最近めっきり、早寝早起きではなく、早寝遅起きな私です(笑)。

読書面:獏ちゃんの釣りエッセイなども読みつつ、今日からはアーシュラ・K・ル=グウィンの「言の葉の樹」。今半分くらいまできたところです。 ル=グウィンを読むのは久しぶり(*^^*)――でもないか。去年あれだけゲドを読みまくったし。でも、 SFな彼女に会えたのは「闇の左手」以来なので嬉しい。この人の文章は美しい。訳文なのに、いや訳文であるからか、 映像が目に見えて迫ってくる。映画ではない。主人公の視点になって迫ってくるのだ。うーん。うっとり。
しかし癖のあるものを書く人だけに、ハマル人とそうでない人は、はっきり分かれるんだろうなあ。

02/06/27

☆社会面:知らない間にサミットが行われていたらしい。びっくり。当たり前のことだけども、世の中がW杯で沸いていても、それだけで世界が回ってるわけではないのですね。いや、お恥ずかしいです。

★くらげ面:呑みにいきました。
季節柄、この時期が色々と呑みが多いのですが、今日は今年初めてのビアガーデン。天気も結構よくて気持ちのいい夕刻。お料理もまずまず美味しい。 ビールはいくらでも。これで景色が見られれば言うこと無かったんだけど、残念ながら、大分でも人気のビアガーデンで、予約でいっぱいだったのでした。いきなり行って席が取れただけでも良いのかも。 はあ、しかし、ビールもお食事も、私の体重を増やしてくれるんだよね。これ以上増えたらどうしよう…。

読書面:浅田次郎「天切り松闇語り」一巻。とうとう待ってましたの文庫化(^^)。Mちゃんに借りて既にHCで読んでいるとは言うものの、やはり自分のものになった本を読む嬉しさは違いますね(^^)。 浅田さんは「鉄道員」なんかのイメージが強いと思いますが、「旨い」文章を書かれる方です。そしてこのとっつぁんの話は格別です。 笑い、ドキドキ、涙、どれもなくしては読めません。――これ、本当にオススメです。

02/06/26

☆社会面:W杯の準決勝。予想通りブラジルが勝ち上がりました。でもかなり面白い試合でした。トルコ、相手が強ければそれだけ強くなるタイプなんだね。 ブラジル相手にワンタッチのパス回してるあたり、思わずおお〜〜っと声を上げてしまいました(^^)。次は韓国との三位決定戦。まずホームである韓国が勝つと思いますが、 トルコも韓国を苦しめて欲しいです。そして韓国も、それによってより力強い、よりレベルの高いサッカーを見せて欲しいです(^^)。期待してるぜよ〜。

★くらげ面:朝番組で日本語が乱れているという話が出ていました。本屋でも日本語を見直す本が売れていると言います。――売れてますね(^^;)確かに。
私は結構日本語にうるさい方だと思っていますが、やっぱり乱れています。特に話し言葉は凄いです(笑)。勿論、わざと変な言い回しをすることもあるんですが、 それに慣れてしまうと、当たり前のように使ってしまいます。こういう日記や駄文を書く時はともかく、 お話を書く時は、ちゃんとした日本語を使うようにしたいんですけど、知らない間に変な言葉を使ってしまうようです。反省だな。
とは言っても日本語というのは難しくて(^^;)、例えば社内文書なんか独特の言葉遣いがあるし、法律なんかもっと凄い。 話し言葉ではないとかいうレベルのものじゃないんですね。奥が深い。まだまだ勉強不足です。
まあしかし、乱れもほどほどに、柔らかく心地よい言葉――というのを、話すときも書くときも、心がけたいと思います。(ホントか?(^^;))

読書面:ソノラマ文庫「ウルトラセブンEPISODE:0」武上純希。――ええ、そうです。某巨大ヒーロー世代の尻尾であるワタクシとしては読まずにはおれないタイトルでした(^^;)。 しかし、そうか、セブンって平成版が出来ていたのね。仮面ライダーの方は時間帯と原作者の関係で知ってたけど、こっちは知らなかったぞ。 お恥ずかしい。それもなに?ダンが出てるって?ひー…。いや、まあ、小説の方はともかく、それによって甦ったウルトラ熱の方が問題だったりして(^^;)。 NETで色々みた結果、やはり往年のセブンを越えることはない、という事が判りまして、でも見たいなあと悶々としております。しかし、009の後はセブンか…なんかまるで本格的オタク親父のようですな。 いや、実際オタク親父を目指してはいるのですが、私の見目は愛と懐かしというフィルターがかかってしまっているので(^^;)所詮はミーハー。本格マニアにはならないのでした。 ああでも、見たいなあ…<平成セブン。というより、オリジナルセブンが見たい。本当に幼かった頃、私にSF好きの種子が植え付けられたのは、セブンを始めとするウルトラシリーズのおかげであったと言っても過言ではありません。 勿論仮面ライダーシリーズも好きだったけれどもよ。テレビで10分くらいの時間で、ウルトラマンの格闘シーンのみをやってた覚えがあるのよ。単なる記憶違いかもしれないけど。それだけを見て、幻想の世界に遊んでいた子供もいたのです。 お金はないけどDVDを手に入れることの出来る今、…どうしよう…(−−;)(−−;)(−−;)。だって私、セブンのそのノンマルトの話だって覚えてないんだもん。このままじゃやりきれないですー。あうー。…ああ、何処が読書面なんだか。

02/06/25

☆社会面:数日前のニュースなのだけど、イラン北西部一帯で22日午前7時半(日本時間同日正午)ごろ、 マグニチュード(M)6.3の強い地震が発生、500人以上が死亡、約1600人が負傷したとの事。まだ死傷者は増えそうとのことなのですが、 日本は救援隊を送ったのでしょうか。W杯騒ぎで気が付きませんでした。恥ずかしい限りです。
  そのW杯。
ドイツが勝ちました。やったね\(^O^)/。…同じホスト国でアジア勢の韓国が負けたのはちょっと残念ですが、 素人目にも前回、前々回の勝利は奇跡に近いと思うので(^^;)順当だと思います。 というか、韓国がどうこうではなくて、ドイツに勝って欲しかったのよ。私は。
しっかし、危なっかしい試合でした(^^;)。固いディフェンスと言われるし、その通りなのだけど、カーンが目立つという事はあまり良いことではないのよね。 次はブラジル(か、トルコ)。はっきり言ってブラジルの方が上だと思います。今のドイツではオフェンスが不安だし。 でも、面白くてわくわくできる試合を期待してます。

★くらげ面:町に出たついでに一杯ひっかけてしまいました。失敗。今日は町内会の仕事をせねばならなかったのに…。 反省。


02/06/24

☆社会面:テレビを見ていたら、FIFAがW杯の誤審を認めたというニュースが流れていた。
一国のリーグならともかく、W杯でこれを認めるのは容易なことではなかったと思うけど、 記者会見でその背後に関する話までしていたのには苦笑してしまった。…FIFA自体の問題は棚上げなのに。
ただ、今回の韓国の勝利は、審判によってもたらされたもの、だけではないと思う。今までの実力差からいけば、 まだ全然大差で負けてもおかしくないものね。それをギリギリのところまで持っていってるのは、チームとサポの力。 次回の勝ちはあげるわけにいきませんけど(笑)良い試合を見たいと思っています。
そしてFIFAは、ともかく審判のレベルを上げることに力を入れて欲しい。これが最重要課題。 かつてJリーグにイタリア人審判を呼んだように、まだサッカーがメジャーでない国に、一流の審判が行けるようにするとか…。 いろいろやっていただきたいなあ。

★くらげ面:久しぶりにゆっくりできた一日。雨が凄くてお出かけはなし。家事をしながら休みました。 掲示板に皆様から、お見舞いと励ましの言葉をいただいて、頑張らねばと気力が沸いてきました。
ありがとうございます。本当に、おかげさまで、頑張ることができます。


02/06/23

☆社会面:韓国が4強入りしてしまった。ホスト国が絡むのは宿命のような気がしている私だけど、これはかなり悔しい(苦笑)。ホームって凄い。 今までは好きな国を応援しつつも、やはり韓国も頑張れな気持ちだったけど、この先はもうカーンに何としてでも頑張って貰わねば。 ドイツが敗れ去るのは嫌だもんね。いやしかし、韓国は強いですよ。何が強いって特にメンタル面。ホームである上に、 あの執念。あれは日本には無かったものだ。いやあったけど、足りなかったもの。見習いたいです。

★くらげ面:終末なので福岡へ行って来ました。旦那が車を出してくれたのです。有り難い。 知らない間に父は個室に移っていました。集中治療室から出たって事は一歩前進だけど、 まだ大部屋には程遠そう。旦那が一緒だったせいか、母はゆっくりしていられたようです。 やっぱり男手と車があると、安心感が違うんだねえ。免許を取らねば、とあらためて思いました。


02/06/21

☆社会面:W杯の決勝リーグ、第2ラウンドが始まりました。本日のカードはイングランドxブラジルとドイツxアメリカ。 お昼に静岡であった試合は見られなかったけど、結局ブラジルが2-1で勝利。さぞや面白かったろうに。そして夜の試合、イングランドxアメリカはなんとか我が家で観戦できました。
しかし…ドイツ、どっか変。アメリカのプレッシャーが物凄いからなのかもしれないけど、 いや、実際、悪い、ってわけじゃないんだけど、いまひとつだったなあ。でもカーンはやっぱり凄かった(^^)。 彼が立つとゴールマウスが小さく見える(笑)。次はスペイン(か或いは韓国)。どうかまた頑張ってください(^^)。

★くらげ面:悪いことは続くというけれど、悪いかどうかはともかく、大変なことというのは続くような気がします。 実際、日本代表が勝ってしまうというニュースがあるまで、くらげのまわりは「大変」なことだらけ。 そして日本が負けたその日に、またもや面倒なことが起こってしまいました(^^;)。うーん。ホント、こういう事って続くものです。 でも、悪い?ことの後には良いことが回ってくる筈。それまで頑張るのだ。
ん?考えてみたら、日本が勝ったことだって「大変」なことなんだよね(笑)。

読書面:DUNEへの道・公家アトレイデ三巻読了。この後の刊行予定はどうなってるんだろう(- -;)。早く続きが読みたくて堪らないッス〜

02/06/20

☆社会面:日本が負けたと思ったらなんか日本中のW杯熱が冷めてしまったような雰囲気(^^;)。 でも私にしてみれば、やっと本番かな〜という感触です。なんだか日本が戦ってると、 楽しんで見られないという習性がついてしまっているようです(苦笑)。
  W杯から目を移してみると、只今最大のニュースは鈴木宗男議員の逮捕。とうとうここまで来てしまいました。 辞職勧告案も出ているそうで、ホントに年貢の収め時ですね。気の毒ですがこれがバッジをつけるって事。 引き際も大切です。まあ、蜥蜴の尻尾切りにならないといいんですが。いや蜥蜴本体が引きずり出されたら、 それはそれで困ることになりそうだし。警察には、ほどほどしっかりと追及していただきたいと思います。
甚だ無責任な事を言っているようですが、これに懲りて、政界内の悪循環が少しでも減ってくれれば、とは思っております(^^;)。

★くらげ面:二日間W杯がお休みで、久しぶりにアニメなんぞを見たりしながら家事をしました。 いやいや、ホント、家の中ってどうしてこう散らかるんだか(^^;)日頃からきちんとしてれば問題はないでしょうけどねえ。 何かが起こった時はつくづくそう思うのに、すぐ忘れてしまうんですね。いかんです。

読書面:デューンへの道・公家アトレイデ・3。 我らが父ちゃんレトの若き日々、いよいよ完結編です。しかしやはり、あの親にしてあの子、 あの子にしてあの親。うんうん、であります。

02/06/19

日本代表は決勝トーナメント一回目、対トルコ戦で敗退しました。
今回のW杯、いろんな事が起こっています。
強豪チームが敗れ去り、それまで目立たなかった国や、アジア・アフリカ勢が勝ち上がってきています。
そんな中、ホスト国のひとつ、我らが日本も、決勝リーグへ駒を進めたものの、 これ以上先へ行く事はできませんでした。
しかし、そうして歴史は動いていきます。
18年前、私がサッカーを知り、それからずっと抱き続けた夢を実現してくれて、ありがとう。
そして、これからは、その名前と実績に恥じないよう、凄えサッカーをしていってください。

そしてW杯は、まだまだ続く。
果たして何処の国が、優勝を手にするのでしょうか。
楽しみです。

02/06/16

☆社会面:W杯の八強がどんどん決まってきている。今日は大分で スウェーデンxセネガルがあった所為で、いつもならスカスカのバスはずっと満席。 電車に乗りにいったら駅はすごい人だかりだった。ま、W杯なのだから当然か。 なんとか自由席に潜り込んだものの、実家に着いたのは午前様だった。
 しかしスウェーデンが負けるとは思っていなかったので驚いた。おそるべし、セネガル。
マスコミでは、勝てば次はセネガルだーなどと騒いでいるが、その前にまずはトルコだろう。 トルコを甘く見てはいかんよ。甘く見ると日本はいきなり駄目になるからね。油断せず、きびしく 現実を見つめてがんばってください。<日本代表。
 そう言えば夜の試合はアイルランドxスペインだったんだよなあ。面白い試合だっただろうに…。 ちょうどその頃から電車に乗っちゃったもんな。見てたら次の日になっちゃうし、 朝イチだとちちの朝御飯に間に合わない。ま、いずれ機会があれば見られるでしょう。 その為のスカパーだもんね(^^)。

★くらげ面:社会面だかわからない事を書いてしまったので、くらげ面として特に書くことが なくなってしまった。そういえばこの日記はシグマリオンで書いている。しかし付属のスタイラスペンが なくなってしまって鉛筆やボールペンでやっているので、画面が汚れてしまう。 ペンだけ売ってくれと頼んでも無理だろうな。とゆーか高いだろうな(^^;)。亡くして判る、 小物の値打ちというやつだ。ペンがないと病室でメモを取るのもめんどくさい。そのせいか、 先日までずっと付けていた病院日記も途中で止まってしまった。もう少しまめになろうと思う私であった。

読書面:新井素子「チグリスとユーフラテス」。文庫になったので 購入。ゆっくり読むつもりだったのだが、電車の中が暇な上に眠れなかったので結局今日中に 読了することになりそう。さすがは素子姫。相変わらずである。また、初めて椎名誠の本を買った。 「とんがらしの誘惑」である。この人、エッセイは面白いと思うし好きなのだが、 まだ一度も小説を読んだ事がない。一度は読んでみようと思いつつ、初めて本がやはりエッセイ(^^;)。 でもまあ、この人のエッセイは病院で時間を潰すのにはもってこいなのだ。話に夢中になる 必要もなく、適度に頭を使うので眠ってしまうこともない。横で咳をされたらすぐに忘れられるし。 看護の合間にはエッセイだ!…とは言うものの、結局病人が気になって読めないんですけどね(^^;)。

02/06/15

☆社会面:W杯決勝トーナメントが始まった。今日は独逸xパラグアイと丁抹xイングランド。
  元西ドイツファンだった私としては、ドイツが駒を進めてくれたのが物凄く嬉しい。カーンとチラベルトの 戦いという、私的にも美味しいカードだったが、ドイツ攻めっぱなしの割になかなか点を入れられず大変だった。 ――で、思い出したのが四年前。パラグアイを見習って欲しいとか私日記に書いた気がするぞ。そうだ、そうそう、パラグアイってそういうチームだったのだよ。「負けない」チーム。 少ないチャンスを狙って速攻。それ以外は粘りに粘って守り抜く。確かに今回もそういうチームだった。粘って守り抜き――でも、89分に一点を入れられた。残念だったね、パラグアイ。
そしてドイツ。我が愛するドイツが戻ってきた。強いっす。力強いです。スピードと高さ。…違う場所で話題になってるような派手さはないけど、 だからこそ愛おしい。こうだ、こうでなきゃ。カーン痺れるっす。シュナイダーやるう〜。スカパーで完全制覇とは言え、用事で途中見てない部分もあるのだけど、 やはりドイツは復活したのだ!代表選手、誰かドイツに行ってくれないですかねえ(^^;)出来ればディフェンダーに(笑)。そうしたらブンデスリーガが見られるじゃないですか。 派手じゃないけど、昔は私、こういうサッカーが凄く好きだったんだー。この先も頑張ってくれい。イタリアかアイルランドと激突…今から考えても面白そうでワクワクしております。
  で、デンマークxイングランド。現在テレビ観戦中。「別の場所」で人気のベッカム氏登場です。開始早々ベッカムのCKから得点。すげえ面白い。四年前可愛かったオーウェン、やるーーっ。ああ、日本に欲しいよ(T.T)。 デンマークも頑張っているというか、いいサッカーをしてるんだが、いまひとつ締まりがない。三点もリードされては仕方がないのか。…いやでも、ここで負けたらおしまい。意地を見せて欲しいんだけどなあ。やっぱりピリッとしない。 気が付いたらもうロスタイム。ダメか丁抹。終わってみればぶっ千切りでイングランドの勝利。嬉しいがなんか面白くない(笑)。あまりに一方的だとね。しっかし最初ッから最後まで飛ばしてましたな、イングランド。顔だけでなく上手いですベッカム。
  そう、そうなのよ…こういう、他の国を応援してると、W杯だって感慨が湧くんだけど、日本を応援してると、 ホントにW杯やってるのか、ホントに勝ったのか、と信じられなくなってしまう。そして間違いないと判って、涙が出てくる。 …長かったよ。ホントに長かったよ。これからも長いし、ずっと続く道だけど、でも、ここに始まるんだ。新しい歴史が。 そう、昨日の事になっちゃったけど、今こそ本当に言おう。

おめでとう!!日本!!

…たぶん、負けるまでホントには実家湧かないだろうな。あはは(^^;)情けないファンだ<自分。

★くらげ面:明日は大分でスウェーデンxセネガルがあるせいで、店に色紙とマジックを買いに来るお客様がたくさん。 なにしろすぐ傍にスウェーデン選手の泊まっている某東○ホテルがあるのである。ラーションあたりにサインをもらいに行っているらしい。 ピッチの外にいる時の選手にはそれほど興味がない…とは言うものの、ちょっとだけ羨ましい。ホントにW杯があってるんだなあ。そういえば今日はベッカムの本を何度も聞かれたような。 写真集モドキだからってのもあるのだろうけど、これも経済効果かな。…残念ながら、うちにはあまり関係ないんだけどね(^^;)。
  職場で棚卸しがあった。経験の無い方はご存じないと思うが、棚卸しというのは店にある全ての品をチェックし、何があるのか幾らになるのか確認する作業である。 私の職場は決して業績が良いわけではないので(オイオイ(^^;))なるべく在庫は減らさなければならない。そしてこういう時にはつきものだが、 余計な在庫は返品の憂き目にあう。…つまりはなんだ、個人的な在庫(いずれ買う予定で取り置きしているもの)はなくさないといけないのだな。 まあ絶対というわけでもないし、それもチェックすればすむことなのだが、担当が違ったりすると、折角取り置きしてたものも判らなくなってしまうので、 コミックスの取り置きは全部購入してしまった。これもすべて、旦那さまさまの某茄子が出たからやれることだ。なまこさんに感謝m(_ _)m。
文庫の方は自分がやるので問題はなかったけれど、やっぱりついでに購入した。買ったつもりだった本が結構あって慌てましたねえ。あはははは(^^;)。 しかしおかげで幸せな気分になっているのも事実。読み切れない程たくさんの本…うっとり。
 なーんてホヤホヤしてたら、今日は講談社文庫の新刊が入ってきた。平台に置く場所ないよー。各一しか入ってないよーえーん、取り次ぎさんの意地悪ー。 もうすぐ富士見の新刊が出るじゃん。最近富士見も電撃も頑張った甲斐あって棚から出てるけど、棚がガラガラだよー。売れ線の在庫を持ちたいよー。新刊入ってくるかどうか判らないよー。 入る以前に今度こそ落ちないで出るんだろうなー…などとひーこら言ってる間に仕事の時間が終わった。なんというか、まあ、良い一日でした(^^;)。

読書面:夢枕獏「月の王」…文庫化したので例によって例の如く購入。新書で持っているので再読だが、やっぱりこのシリーズは良いですな。 アーモン様のでかさに、ヴァシタ爺のしたたかさに、そしてこの物語の空気に魅せられる。やはり獏ちゃん、愛してしまうのである。

02/06/14

今日はくらげにとって、そしておそらく多くのサッカーファンにとって、本当に歴史に残る一日だった。
日本が決勝リーグに進んだのである。
5年前、日本が初めてW杯出場を決めた日。
先日、日本が初めて勝ち点を取った日。
勝利をおさめた日。
そして今日(正確にはもう昨日だけど)、日本はとうとう決勝リーグにコマを進めた。
正直、信じられない。
でもこれは、紛れもない事実だ。
日本が勝った。
次からは決勝リーグ。もう負けも引き分けもない。勝利しないチームはそこで終わる。
ありがとう、日本代表。
そしてがんばれ!!

――しかし、仕事でライブで見ることができなかったのは辛かったなあ(- -;)。

02/06/13

☆社会面:日本はサッカー一色のようである。元々お祭り好きのくせに人気が出ると引いてしまう性格の私も、W杯だけは騒いでしまう。
本日はまた大分で試合。カードはメキシコxイタリア。負けてしまうと決勝Tが危ないイタリアであったが、別会場で行われていたエクアドルが頑張ったこともあって、 なんとか引き分けでOK。決勝Tに駒を進めた。明日は日本戦。残念ながら私は仕事だが、応援する気持ちは変わらない。ガンバレ日本!!

★くらげ面:大分に帰って4日だが、休みが取れたので福岡へ出かけた。
父の様子は聞かされていたほど酷くはなく、しかしまだまだ予断を許さない状態だった。 何より母がまいっている。互いに慣れない状態にあるからだろう。疲れ切っていた。取り敢えず母に休んでもらおうと思っていたのだが、私が病院に詰めている間、結局家の事をやっていたらしい。 休んだかどうか聞くと「おかげで庭の手入れが出来た、アイロンもかけられた」。…オイオイ、頼むから少しはゆっくりしてくれよ(^^;)。 実際、病院の方にしても、私が行ってもあまり役には立っていないのだが、NETの知人の方が「そばに娘が居てくれるだけで、お父さんは違うもんです」と言ってくださったこともあって、 出来るだけそばに居ようと思った。出来ることしかできないのだから、出来ることは精一杯やりたいものだ。
ちなみに今日から、このページの文字コードがshift-JISになっている。ずっとEUCを通してきたのだが、GEOから離れたことと、 モバイルではEUCで書くことが困難な事から、JISに切り替えた。足かけ四年、ずっとEUCで通してきたので寂しい気もするが、ま、こだわっても仕方がないことだ。 物事はどんどん変わってゆくのだから。

読書面:松岡圭祐『千里眼・メフィストの逆襲』『千里眼・岬美由紀』(上下巻構成)。…もう読むまいと思っていたのに、また「千里眼」シリーズを購入してしまった。肩が凝らずに読めるというか、コミックスを読んでるつもりで読めるというか… 荒唐無稽エセSFアクションとでもいうのか。でも結構面白いのだ、これが。しかし今回の話、ある人物が余計で、途中からイライラしていた。…と思ったら、文庫化に際しての加筆らしい。 それを知って思わずHCを読みたくなってしまった。毒されてるじゃん(^^;)<自分。とは言え、人物同士の関係や成長など、少しずつ積み重ねられた伏線などもあって、ちゃんと力はある作家さんである。 後は妙な嘘くさいリアリティがなくなってくれれば、もっと読みやすいのだが(−−;)。実在の名前が出てくるだけで萎える奴も居るのですよ。はい。

02/06/10

☆社会面:そうこうしているうちにW杯が始まっている。今日は大分でチュニジアxベルギー戦があった。 日本と同じH組の試合である。
なにがどう転んだのか(笑)日本はホームであるおかげで、ベルギーに引き分け、ロシアに勝利!!し、現在H組一位。 今日の試合によっては、決勝リーグ進出も夢ではない。
そのよこしまな祈りが通じたのか、チュニジアxベルギー戦は1-1で引き分け。相変わらず日本はTOPにあることになった。
今回、父のことがある前から、人を通じてチケットを購入していた私。悩んだけれど、父の状態もだいぶいいし、という事で試合観戦に出かけた。 旦那と、古くからの友人とそのご両親と一緒である。試合は大変面白く盛り上がり、私も満足して帰宅できた。
後は日本が、チュニジア戦に勝つだけである。どうか頑張って、日本代表。

★くらげ面:父の容態がだいぶ良くなってきたので、大分へ帰ることにした。
まだ、相変わらず、集中治療室に居るし、自分ひとりでは起きあがれないし、食事もできない。生まれて初めて、父が我が儘を言うのも聞いた。それでも帰ることにした。 先は長い――おそらく、数ヶ月の間、入院することになるのは間違いないのだ。今、私が仕事を辞め、旦那を置いて福岡で生活する事は出来ない事じゃない。でも、 いずれそれは絶対に歪みを引き起こす。父も、へとへとの母も、遠方なのに仕事の合間に帰ってくる弟も、放っておくことになる旦那も、そして私自身が壊れる可能性が高い。 それを考えて、正直、断腸の思いで病院を後にした。
今回の事で、私はいろんな事を教えられた。信仰について愛について、家族について、病院について。そして自分について。
まだ先は長い。父と、そして母をを支えて行くためには、私自身がしっかりしていなければと、つくづく感じ入った。
帰ってきたらきたで、マシンを点けっぱなしにしていたせいか、電源がおシャカになっていて慌ててしまった(^^;)。思いあまって、 NETはしばらくお休みしようとも思ったが、この場所は私の休息の場。気分転換はやっぱり必要という事で、日記や読書関係は続けることにした。
今回は、いろんな方にお世話になった。祈ってくださった皆さん、励ましのメールや電話を下さった皆さん、ありがとうございます。
いつもの事ですが、本当に、皆さんに支えられて、くらげ、生きております。
ありがとう。頑張ります。

読書面:父が倒れた後すぐに福岡へ行った時は何も読めなかったのだが、 今月に入って読書が出来るようになった。少ない時間の気分転換はやっぱり必要なのだ。
というわけで、2月に続いて、レンズマンの新訳、そしてスティーブン・ハンターの最新作を購入。 病室と実家で少しずつ読んだ。
ハンターの作品を読むと、良くも悪くもアメリカだなあと思う。おもしろさは勿論だけど、そこに アメリカ人の考え方を感じるのは私だけだろうか。勿論、ハンター=すべてのアメリカ人ではないと思うが、 ひとつの考え方なんだろうなと思うのだ。なんにせよ、面白かった事には間違いない(^^)。

[BACK] [NEXT]
[HOME]