[HOME]

くらげ日記0008

つれづれなるくらげな日々

[一期一会TOP] [今日の日記] [プロフィール] [おたけび] 

[BACK]  [NEXT]


000822

☆社会面:ロシアの原潜が事故を起こして海に沈んでしまい、今日、結局、救出が間に合わなかったという記事を読みました。 余所の国の話ではありますが、事故後も休暇を取り続けたという大統領さんには、ちょっと目が点でした。 いろいろ事情もあるのかもしれないけど――大統領という立場は、責任をとるためのものじゃないのかな。 どうやって選出されたのか、もう記憶のかなたで覚えていませんが、国民の怒りは避けられないでしょうね。 大きな力を持つ人は、それが故に大きな責任を持つという事です。人として、それを忘れない様にしたいものです。

★くらげ面:こういうとき、毎日日記書いてると事件についていろいろ書けるのに、とちょっと思っちゃう。いかんですね。 大きな力ではありませんが、私にも社会生活に従事している限り、責任がつきまといます。それは人間として、言ったことややったことに対して 当然の様にあるものです。自分が無自覚だからといって、言い逃れ出来る様なもんではありませんよね。 自分ではそのつもりがなかった、と言ってすまされるもんじゃない。それをつくづく感じます。 思えば、子供の頃から、私はそれをずっと怖がって生きてきました。 自分がなにか言ったことで、人を傷つけるのじゃないか、自分の行動を見て、人が怒るのじゃないか。 もし、ある日友人から言われた「あなたって無神経ね」というひとことが無かったら、今でもそのことに 気が付かずに終わっていたのかも、と思うと、(そのひとことは辛かったし、今から考えると多少向こうにも問題があったにしても(^^;) ありがたかったと思います。 傷つきやすい子供は、えてして、それが自分だけのものだと勘違いしがちです。でもねえ、自分が傷ついているとき、 人はそれと同じくらい、或いはもっと傷ついているもんだったんです。それが判ったら、少しは自分の言葉に気を付けようと 思えてきました。――それから、どうやったら自分が人に優しく出来るのか、どうやったら人を傷つけないでいられるのか、 それを道標に生きてきた気がします。 難しいことかもしれません。今でもまだやってるかもしれないね。だけど、そうやって20年もがんばってりゃ、なんとかなるもんです(^^;) 出来ないと、あの時投げ出していたら、少なくとも今の自分はなかったな、と、つくづくそう思うのでした。


000814

なんともはや、もう8月も半ばです(^^;)

☆社会面:世間はお盆です。帰省ラッシュも凄いみたいですが、昨日のニュースで「帰省ラッシュ」じゃなくて 「移動ラッシュ」という言葉を聞きました。最近はお盆に田舎に帰らずに、遊んで過ごす人も増えているからこその言葉でしょうね。

★くらげ面:かくいう我が家も今年も帰省せず。――旦那が忙しいのが理由ですが、本音を言えば、長い時間とお金をかけて実家に帰るのが辛いという事もあるでしょうね。 どちらかというと、旦那の実家も自分の実家も、帰ること自体は嫌じゃないし、のんびり過ごすのも好きなのですが――帰り着くまでの苦労が…(^^;) 九州横断ですし、こんなにまとめて休めることもないしね。(体調不良で休んだりしてる時はのんびりどころじゃないです(^^;) 会社に行かなくちゃ、という焦りで精神的にもかなり辛いですもの。ホントに)まあ、折角の休みですから、 おうちの中をまず掃除して(^^;)時間をみて、WEBの更新もしたいと思っています。ホントにもう放りっぱなしですしね。 いろいろあるんだけど、まずは出来ることからはじめましょう。

[BACK]  [NEXT]
[HOME]