ア〜 << 国内小説家INDEX << 趣味の本棚 << HOME

くらげ蔵書 国内小説家 ア〜
BACK NEXT


リンクは、ゲージからはくらげ感想(ネタバレ有)へ移動します。
HC=ハードカヴァー単行本 / SC=ソフトカヴァー単行本
◆ア行
赤川次郎
タイトル
ISBN
出版社・判型・発行 ジャンル くらゲージ
あらすじ



浅田次郎
タイトル
ISBN
出版社・判型・発行 ジャンル くらゲージ
あらすじ




▲TOPへ
綾辻行人
1987年「十角館の殺人」でデビュー。
久々に登場した本格推理小説の新人として、広い世代に支持された。
代表作は、建築家中村青司の建てた館を舞台とする「館シリーズ」。
他にテレビ原作、作詞なども広く手掛けている。 細君は作家の小野不由美さん

十角館の殺人
4-06-184979-4
講談社文庫・91/09 (HC87/09) ミステリ ★★★★☆
かつて凄惨な殺人、火災の起こった九州の孤島、角島。島に残る奇妙な館「十角館」に大学のミステリ研の面々が訪れた時、恐るべき連続殺人の火ぶたが切って落とされた!
◆犯人の動機にいまひとつ説得力が弱いように感じたこと以外はハナマル。もうちょっとだけ呻いて欲しかったが、それは彼の性格上無理だったのかも(^^;)。
霧越邸殺人事件
4-10-138611-0
新潮文庫・91/09 (HC90/09) ミステリ 積読中
吹雪の中、瀟洒な洋館に閉じ込められた劇団「暗色天幕」の一行に、次々と襲いかかるデコラティブな死。本格ミステリと幻想小説が奇跡的な融合を見せ、「週刊文春」アンケートでベスト1に輝いた、記念すべき大作。



▲TOPへ
新井素子
タイトル
ISBN
出版社・判型・発行 ジャンル くらゲージ
あらすじ




▲TOPへ


BACK NEXT

HOME >> 趣味の本棚 >> 国内小説家INDEX >>